S-scan(エス・スキャン) 高品質の筋骨格画像を提供する、コンパクトで経済性に優れたクリニック用MRIシステム

製品特徴

S-scanは、腰椎や脊椎をはじめ、全身の筋骨格(MSK)の解剖的構造を対象とした、整形外科クリニック向けのオープンMRIです。
一般名称
永久磁石式全身用MR装置
販売名
Esaote MR イメージング装置 S-scan
認証番号
227AABZX00014000
Feature1

クリニック向けに最適化されたMRI

Esaote社は1993年以来、筋骨格撮影専用のMRIを開発、製造してきました。
その実績から生まれたS-scanは、筋骨格での利用が多い整形外科クリニックに最適化されたMRIです。
S-scanは、永久磁石オープンMRIでありながら、高い画像品質を実現。腰椎・脊椎を含む、全身の筋骨格の画像診断に適しています。
Feature2

効率性を高めたMRIシステム

  • 広い開口部とコンパクトなマグネット、テーブル構造をなすユニークなベッドで、簡単に患者さんにアクセスできます。
  • ガントリ上のディスプレイを利用したリアルタイムモニタリング機能により、コンソールへ行き来することなく、患者さんの正しい位置を確認することができます。
Feature3

各部位に最適なコイルをラインナップ

S-scanは、脊椎から四肢の各関節に合わせたRFコイル一式を、標準装備として揃えています。

標準セット

  • 4ch腰椎コイル(M/L)
  • DPA頸椎コイル
  • 頸椎コイル
  • DPA肩コイル
  • 肩コイル(L)
  • DPA膝コイル
  • DPA手首/手コイル
  • DPA足首/足コイル
  • フレキシブルコイル
Feature4

直感的なユーザーインターフェース

  • OSはWindowsで、使いやすく習熟も簡単です。インターフェースとプロトコルは四肢用に設計されており、検査手順の大幅な高速化と簡素化を実現しました。
  • 独立型、統合環境の一環としてドキュメント化、アーカイブ機能を備えています。DICOM形式にも対応しています。

設置条件

マグネット、電子機器、コンソールを20m²のスペースで設置可能です。
最適化されたオープン永久磁石を利用しているため、冷却材・冷却システムは必要ありません。
MRI室は、わずか11m²(内寸)のスペースに設置ができ、クラス最小設置スペースを誇ります。

総重量:約7,000kg
最小設置スペース(撮影室内寸):3.2m×3.2m
設置スペースの最小高さ:2.4m

臨床画像サンプル

MRI製品一覧

CONTACT

日本総代理店 株式会社メディアーク

(平日 9:30 - 18:00)